日光湯元ビジターセンターへようこそ

日光湯元ビジターセンターは、豊かな自然が残る日光国立公園を訪れた人々に、植物や野生動物、ハイキングコース、季節ごとの見所など、国立公園をより深く楽しむのに役立つ旬な情報を提供しています。
館内では、日光国立公園地域の自然や歴史・文化の紹介を解説パネルや案内板で展示しており、野外では季節ごとに自然観察やハイキングなどのイベント等を行っています。
奥日光での自然観察やハイキングの際には、ぜひビジターセンターへお立ち寄りください。

  • 2016.06.24 自然情報

    【6/24】千手ヶ浜自然情報

    6月24日に千手ヶ浜周辺のパトロールを行いました。
    自然情報をご報告いたします。


    <歩道情報>
    特に問題なし

    <自然情報>
    【植物】
    クリンソウ(花)
    【鳥類】
    キビタキ・シジュウカラ・アカゲラ
    【昆虫】 
    エゾハルゼミ

    <見どころ>
    曇天のせいか、遠くからエゾハルゼミの声がかすかに聞こえるだけで、鳥の姿や鳴声もほとんど確認する事が出来ませんでした。観光スポットで有名な西ノ湖の渇水状態が続き、湖というより池や沼のような風情です。普段水面下にある砂地に新しい草が芽吹いており、湿地帯にあるはずの谷地坊主の草が、まるで砂漠の荒野のような場所に生えていました。水辺に咲いているクリンソウの花も終わりが近づき、千手の森の緑が濃くなってきました。

  • 2016.06.24 お知らせ

    【8/6】平成27年度オオハンゴンソウ等外来植物除去作戦について

     平成17年6月に外来生物法が施行されるなど、外来動植物の生態系に与える影響やその防除について関心が高まっています。
     日光国立公園の奥日光地域では、オオハンゴンソウをはじめとした外来植物が広範囲に繁殖し、在来植物の植生が脅かされています。
     本県では、昭和51年度から多くのボランティアの協力により除去作業を実施し、戦場ヶ原の国道120号から湯川沿いにかけて大繁殖していたオオハンゴンソウはほとんど見られなくなりましたが、外来植物の繁殖力は大変強く、現在その生息範囲を中禅寺湖や湯ノ湖周辺、光徳付近へと拡大しています。

    ★ 日 時 平成28年8月6日(土) 9:00受付開始 9:45開会 12:00解散
    (除去作業予定時間 10:00~12:00)※小雨決行

    ★ 実施場所 日光湯元スキー場 湯ノ湖畔 旧菖蒲ヶ浜スキー場跡地

    ★ 集合場所 日光湯元ビジターセンター前 (送迎はございませんので、現地に直接お集まりください。)

    ★ 服 装 長袖・長ズボン・帽子・履きなれた靴・・・作業しやすく汚れてもよい服装で

    ★ 持 物 水筒、雨具、帽子、タオル、除去用鎌・手ぐわなど(持っている方)

    ★ 参 加 費 無 料

    ★ 申込受付 平成28年7月1日(金)から受付開始 ※定員300名

    ★ 申込方法 参加希望の方は、ハガキか電話またはFAXにて次の事項を日光湯元ビジターセンターまでご連絡ください。(別紙申込書をご利用ください)
    ①氏名 ②年齢 ③性別 ④住所 ⑤電話番号(あればFAX番号)
    ⑥集合場所までの利用交通機関 ⑦この催しをどこで知ったか
    日光湯元ビジターセンター 〒321-1662 日光市湯元官有無番地
     0288-62-2321 Fax0288-62-2378

    ★ そ の 他
    ・当日受付時、湯元温泉地区内の温泉無料入浴券をお渡しいたします。
    ・小雨決行です。不明な場合は当日朝6:00以降に日光湯元ビジターセンターまでお問合せください。
    ・当日の天候などの状況により、スケジュールを変更する場合がございます。

    ★ 主 催 「オオハンゴンソウ等外来植物除去作戦実行委員会」
    環境省関東地方環境事務所日光自然環境事務所・林野庁日光森林管理署・栃木県環境森林部
    自然環境課・(株)日光自然博物館・(国研)水産研究・教育機構中央水産研究所
    (一財)自然公園財団日光支部・湯元自治会・奥日光湯元温泉旅館協同組合
    東武興業(株)日光事務所・日光パークボランティア活動運営協議会・(一社)日光市観光協会
    日光市

  • 【6/17】千手ヶ浜自然情報

    2016.06.18 自然情報

    【6/17】千手ヶ浜自然情報

    パトロール内容
    <歩道情報>
    特に問題なし
    <自然情報>
    【植物】
    ニシキウツギ・アヤメ・ノリウツギ・クリンソウ
    【鳥類】
    アカゲラ・キビタキ
    【昆虫】 
    オトシブミの一種・アサギマダラ
    【爬虫類】
    ジムグリ
    <見どころ>
    千手の森では、旅をする蝶で有名なアサギマダラを確認しています。アサギマダラのほかにも様々な昆虫が活発に動くようになったので、昆虫を探しながら森を歩くのも楽しいかと思います。

    エゾハルゼミの数が減ってきたので、色々な音が聞こえるようになりました。

    クリンソウの見頃はピークを迎えており、これからは散っていく一方なので、クリンソウを見に奥日光に訪れる方は、早めにお越し下さい.

    ※写真はオトシブミです。

  • 2016.06.08 お知らせ

    山岳自然保護の集い「第43回日光清掃登山」開催について

    本年も栃木県山岳連盟主催による清掃登山を行う予定ですのでお知らせ致します。

    日時:平成28年7月3日(日)開会式7:30
    会場:日光湯元ビジターセンター広場
    共済:日本山岳会栃木支部
    清掃区域:奥白根山周辺及び日光山系
    コース:各山岳会で選定
    下山:16:00最終下山し解散

    問合せ先
    自然保護委員会 手塚福寿 ℡028-625-4839 携帯090-2523-1150

  • 2016.06.08 お知らせ

    国立公園・野生生物フォトコレクションの開催のお知らせ

    2016年6月11日(土)から7月3日(日)にかけて、日光湯元ビジターセンター内レクチャールームにて「国立公園・野生生物フォトコレクション」を開催します。

    環境省関東地方環境事務所内で活躍するアクティブレンジャーが撮影した、国立公園や鳥獣保護区の風景や自然を写真で幅広く紹介します。

    お近くにお越しの際には、是非お立ち寄り下さい。

    *アクティブレンジャーとは、レンジャーを補佐し、国立公園内のパトロール、調査、自然解説や地域のパークボランティアとの連絡調整などを行う環境省の非常勤職員です。

    【詳細は以下PDFにて】

  • 2016.06.24 お知らせ

    【8/6】平成27年度オオハンゴンソウ等外来植物除去作戦について

     平成17年6月に外来生物法が施行されるなど、外来動植物の生態系に与える影響やその防除について関心が高まっています。
     日光国立公園の奥日光地域では、オオハンゴンソウをはじめとした外来植物が広範囲に繁殖し、在来植物の植生が脅かされています。
     本県では、昭和51年度から多くのボランティアの協力により除去作業を実施し、戦場ヶ原の国道120号から湯川沿いにかけて大繁殖していたオオハンゴンソウはほとんど見られなくなりましたが、外来植物の繁殖力は大変強く、現在その生息範囲を中禅寺湖や湯ノ湖周辺、光徳付近へと拡大しています。

    ★ 日 時 平成28年8月6日(土) 9:00受付開始 9:45開会 12:00解散
    (除去作業予定時間 10:00~12:00)※小雨決行

    ★ 実施場所 日光湯元スキー場 湯ノ湖畔 旧菖蒲ヶ浜スキー場跡地

    ★ 集合場所 日光湯元ビジターセンター前 (送迎はございませんので、現地に直接お集まりください。)

    ★ 服 装 長袖・長ズボン・帽子・履きなれた靴・・・作業しやすく汚れてもよい服装で

    ★ 持 物 水筒、雨具、帽子、タオル、除去用鎌・手ぐわなど(持っている方)

    ★ 参 加 費 無 料

    ★ 申込受付 平成28年7月1日(金)から受付開始 ※定員300名

    ★ 申込方法 参加希望の方は、ハガキか電話またはFAXにて次の事項を日光湯元ビジターセンターまでご連絡ください。(別紙申込書をご利用ください)
    ①氏名 ②年齢 ③性別 ④住所 ⑤電話番号(あればFAX番号)
    ⑥集合場所までの利用交通機関 ⑦この催しをどこで知ったか
    日光湯元ビジターセンター 〒321-1662 日光市湯元官有無番地
     0288-62-2321 Fax0288-62-2378

    ★ そ の 他
    ・当日受付時、湯元温泉地区内の温泉無料入浴券をお渡しいたします。
    ・小雨決行です。不明な場合は当日朝6:00以降に日光湯元ビジターセンターまでお問合せください。
    ・当日の天候などの状況により、スケジュールを変更する場合がございます。

    ★ 主 催 「オオハンゴンソウ等外来植物除去作戦実行委員会」
    環境省関東地方環境事務所日光自然環境事務所・林野庁日光森林管理署・栃木県環境森林部
    自然環境課・(株)日光自然博物館・(国研)水産研究・教育機構中央水産研究所
    (一財)自然公園財団日光支部・湯元自治会・奥日光湯元温泉旅館協同組合
    東武興業(株)日光事務所・日光パークボランティア活動運営協議会・(一社)日光市観光協会
    日光市

  • 2016.06.08 お知らせ

    山岳自然保護の集い「第43回日光清掃登山」開催について

    本年も栃木県山岳連盟主催による清掃登山を行う予定ですのでお知らせ致します。

    日時:平成28年7月3日(日)開会式7:30
    会場:日光湯元ビジターセンター広場
    共済:日本山岳会栃木支部
    清掃区域:奥白根山周辺及び日光山系
    コース:各山岳会で選定
    下山:16:00最終下山し解散

    問合せ先
    自然保護委員会 手塚福寿 ℡028-625-4839 携帯090-2523-1150

  • 2016.06.08 お知らせ

    国立公園・野生生物フォトコレクションの開催のお知らせ

    2016年6月11日(土)から7月3日(日)にかけて、日光湯元ビジターセンター内レクチャールームにて「国立公園・野生生物フォトコレクション」を開催します。

    環境省関東地方環境事務所内で活躍するアクティブレンジャーが撮影した、国立公園や鳥獣保護区の風景や自然を写真で幅広く紹介します。

    お近くにお越しの際には、是非お立ち寄り下さい。

    *アクティブレンジャーとは、レンジャーを補佐し、国立公園内のパトロール、調査、自然解説や地域のパークボランティアとの連絡調整などを行う環境省の非常勤職員です。

    【詳細は以下PDFにて】

  • 【6/1~】湯元キャンプ場OPENのお知らせ

    2016.05.31 お知らせ

    【6/1~】湯元キャンプ場OPENのお知らせ

    6/1より湯元キャンプ場がオープンしましたのでお知らせします。

    受付は日光湯元ビジターセンターで行っています。
    ※予約は受付ておりません。当日カウンターに来て頂いて受付となります。

    【開放期間:6月1日~10月末予定】
    ご利用料金:一泊 大人1,000円 小中学生500円
    ※小学生以下無料
    デイキャンプ:一日一人 500円

    夏の間も涼しく、緑に囲まれて開放的な湯元キャンプ場。
    キャンプ場で見る夜空はとても綺麗です。

    みなさま湯元にいらした際はぜひご利用下さい。

  • 2016.05.24 お知らせ

    小杉放菴記念日光美術館 「selection2016(後期)国立公園絵画」展等の開催について

    日光国立公園の玄関口にある小杉放菴記念日光美術館で、
    昭和の洋画界を代表する画家たちが全国の国立公園の風景を描いた
    ≪国立公園絵画≫コレクションを紹介する展覧会が開催されます。

    絵画展に合わせて、フォーラム及びギャラリートークも開催されます。


    (1)「selection2016(後期)国立公園絵画」展
    ■会期:2016年5月28日(土)~7月10日(日)
    ■入館料:一般720円、大学生510円、高校生以下は無料


    (2)21世紀の国立公園、そして日光 -絵画の風景から未来へ-
    国立公園フォーラム2016
    ■日時:2016年6月25日(土)午後1時30分~午後4時
    ■参加料:美術館の入館料のみで参加できます。
    ■定員:100名(先着順)
    ■講師:小野寺浩 (公財)屋久島環境文化財団理事長/鹿児島大学客員教授
    親泊素子 江戸川大学国立公園研究所長/江戸川大学教授
    永山悦子 毎日新聞社・前科学環境部副部長
    宮地信良 (有)自然計画代表取締役/
    江戸川大学国立公園研究所研究員

    (3)国立公園絵画ギャラリートーク
    ■日時:2016年7月3日(日)午後2時30分~午後4時
    ■参加料:美術館の入館料のみで参加できます。
    ■定員:30名(先着順)
    ■講師:鹿野久男 元(財)国立公園協会理事長/
    元環境庁国立公園レンジャー
    田中正文 小杉放菴記念日光美術館学芸員

    申込・問合せ:小杉放菴記念日光美術館(0288-50-1200)


    詳細チラシはPDF参照です。

  • 2016.06.24 自然情報

    【6/24】千手ヶ浜自然情報

    6月24日に千手ヶ浜周辺のパトロールを行いました。
    自然情報をご報告いたします。


    <歩道情報>
    特に問題なし

    <自然情報>
    【植物】
    クリンソウ(花)
    【鳥類】
    キビタキ・シジュウカラ・アカゲラ
    【昆虫】 
    エゾハルゼミ

    <見どころ>
    曇天のせいか、遠くからエゾハルゼミの声がかすかに聞こえるだけで、鳥の姿や鳴声もほとんど確認する事が出来ませんでした。観光スポットで有名な西ノ湖の渇水状態が続き、湖というより池や沼のような風情です。普段水面下にある砂地に新しい草が芽吹いており、湿地帯にあるはずの谷地坊主の草が、まるで砂漠の荒野のような場所に生えていました。水辺に咲いているクリンソウの花も終わりが近づき、千手の森の緑が濃くなってきました。

  • 【6/17】千手ヶ浜自然情報

    2016.06.18 自然情報

    【6/17】千手ヶ浜自然情報

    パトロール内容
    <歩道情報>
    特に問題なし
    <自然情報>
    【植物】
    ニシキウツギ・アヤメ・ノリウツギ・クリンソウ
    【鳥類】
    アカゲラ・キビタキ
    【昆虫】 
    オトシブミの一種・アサギマダラ
    【爬虫類】
    ジムグリ
    <見どころ>
    千手の森では、旅をする蝶で有名なアサギマダラを確認しています。アサギマダラのほかにも様々な昆虫が活発に動くようになったので、昆虫を探しながら森を歩くのも楽しいかと思います。

    エゾハルゼミの数が減ってきたので、色々な音が聞こえるようになりました。

    クリンソウの見頃はピークを迎えており、これからは散っていく一方なので、クリンソウを見に奥日光に訪れる方は、早めにお越し下さい.

    ※写真はオトシブミです。

  • 【6/8】切込湖・刈込湖自然情報収集

    2016.06.08 自然情報

    【6/8】切込湖・刈込湖自然情報収集

    6月8日時点での切込湖・刈込湖の
    自然情報をお知らせします。

    <歩道情報>
    特に問題ありません。

    <自然情報>
    【植物】
    シロバナノヘビイチゴ 
    ズダヤクシュ
    ワチガイソウ
    ウマノアシガタ
    コミヤマカタバミ
    ベニサラサドウダン
    ツマトリソウ
    ズミ        山王峠付近にて開花中

    【鳥類】
    ウグイス(鳴き声)
    カッコウ(鳴き声)

    【昆虫】
    エゾハルゼミ(鳴き声)

    【両生類】
    アズマヒキガエル オタマジャクシ

    <見どころ>
    梅雨が始まり、あたりは涼しい空気に包まれ気持ちの良いハイキングができるでしょう。
    花も多く咲き始めております。
    山王峠付近に咲いているズミを見に行かれる際は、今週末までがいいでしょう。

  • 【6/4】千手ヶ浜自然情報

    2016.06.05 自然情報

    【6/4】千手ヶ浜自然情報

    6月4日に千手ヶ浜周辺のパトロールを行いました。
    自然情報をご報告いたします。


    パトロール内容
    <歩道情報>
    特に問題なし。

    <自然情報>

    【植物】
    クリンソウ(見頃)
    ヤマツツジ(見頃)

    【鳥類】
    ツツドリ(鳴き声)

    【昆虫】 
    エゾハルゼミ

    <見どころ>
    森の中でセミの声が多く聞こえます。
    緑が深くなったのとセミの鳴き声で鳥がみつけにくくなってきました。

    今年は昨年雪が少なかったので、千手の森全体の水が少なくなっています。
    千手の森を流れている柳沢川や、水溜りの水も枯れてしまい、水生昆虫や両生類への被害が心配です。

    植物ではクリンソウが見頃を迎えており、千手の森に訪れる人が増えてきました。
    低公害バスが二台で運行しいていますが、千手ヶ浜バス停ではバスに乗り切れない人たちも見受けられるのでご注意下さい。

    ※写真は見頃を迎えているクリンソウ

  • 【6/2】中禅寺湖北岸 自然情報

    2016.06.02 自然情報

    【6/2】中禅寺湖北岸 自然情報

    6月2日時点での中禅寺湖北岸の
    自然情報をお知らせします。

    <歩道情報>
    特に問題ありません。

    <自然情報>
    【植物】
    シウリザクラ 千手ヶ浜で見ごろを迎えています。
    ヤマツツジ 散り始めていますがまだ見られます

    【鳥類】
    センダイムシクイ(鳴き声)
    オオルリ(鳴き声)
    トビ (目視)

    【昆虫】
    エゾハルゼミ(鳴き声)

    【両生類】
    カジカガエル

    <見どころ>
    ヤマツツジは散り始めていますが、まだ花が多く残っているので、天気が良ければ青空と中禅寺湖にヤマツツジの赤が映えて、とても綺麗です。

    中禅寺湖北岸でのバードウォッチングは、新緑が深くなっているので鳥を見つけるのが大変になってきました。

  • 刈込湖ハイキング

    2016.05.18 イベント 参加者募集中

    刈込湖ハイキング

    開催日時:平成28年8月7日(日) 9:30~15:00

    緑が鮮やかな木々の中を鳥のさえずりを聞きながら、夏の刈込湖を目指します。

  • 2016.05.18 イベント 参加者募集中

    昼散策

    開催日時:平成28年7月23日(土)24日(日)30日(土)31日(日)13:30~14:30

    真夏でも涼しい夏の湯元の魅力をご案内します。
    自然や歴史など、ご紹介する内容はスタッフによって様々です。

    お申込み不要、無料のイベントですので、当日は開始時間前に当センター前にお集まりください。

    ※荒天中止です

  • グリーンハイキング

    2016.05.18 イベント 参加者募集中

    グリーンハイキング

    開催日時:平成28年6月26日(日) 10:00~15:00

    初夏の中禅寺湖南岸の緑の中を、自然観察や歴史のお話をしながらハイキング。
    爽やかな風を感じながら、湖近くのハイキングコースをゆったりご案内します。

  • 早朝散策

    2016.04.24 イベント

    早朝散策

    開催日時:平成28年 5月3日(火)、4日(水)、5日(木) 6:30~7:30

    【イベントは終了しました】

    5月3日~5日間のGW企画!
    GWのご旅行の朝、少しだけ早起きをして、スタッフと一緒に春の湯元を歩いてみませんか。
    何気ない風景の中に隠された、湯元の魅力を探しに行きましょう。

    ※予約不要、参加費無料

    ●お問合せ
    環境省 日光湯元ビジターセンター
    管理者:一般財団法人自然公園財団 日光支部
    TEL:0288-62-2321   FAX:0288-62-2378

  • 【1日冒険コース】チャレンジスノーシュー

    2015.12.01 イベント

    【1日冒険コース】チャレンジスノーシュー

    開催日時:平成28年2月28日(日) 9:30~15:30

    【イベントは終了しました。】

    やってみようスノーシューから一歩進んだこのイベント。
    体力自慢の方も、1日冒険したい方も、お待ちしています!

    ※コースはスノーシューに慣れている方におすすめの企画となっております。
    お弁当を持参で、森の奥まで歩きます。

    ●お問合せ
    環境省 日光湯元ビジターセンター
    管理者:一般財団法人自然公園財団 日光支部
    TEL:0288-62-2321   FAX:0288-62-2378

  • クマ情報ページヘ

奥日光の天気

  • アクセス
  • 周辺施設
  • 日光パークボランティア について
  • 楓通信
  • 湯ノ湖 ライブカメラ
  • 火山情報
  • 資料(マップ&パンフレット等)ダウンロード
  • 採用情報
  • [日光湯元ビジターセンター]スタッフブログ